kei79’s diary

主に美髪になる為のヘアケアアドバイスについて発信

長い人生染めるからこそ考えよう

何故、僕がヘアカラーからヘナに変えたのか

 

一般的に男性で30代半ば

女性でも30代後半

つまり男女とも35歳も過ぎれば

多かれ少なかれ白髪は出てくる

 

 

f:id:kei79:20201009164355j:plain

 

 

でもまだアラフォーぐらいだと

白髪が気になりはするけど

そこまで多くもなかったりするから

そんなにマメに染めなくても大丈夫

 

 

だけど年々白髪が増えることは

あっても減ることはない!

つまり年々増える為

染める頻度は早くなっていく

 

 

 

そりゃあ30代や40代前半のうちは

まだ大丈夫だったとしても

50代後半にもなってくると

毎月染めないと追っつかなくなってくる

 

f:id:kei79:20201009172201j:plain

 

 

特に顔周りや分け目に至っては

2~3週間もすれば気になり始める!

 

 

毎月染めたとして

仮に80歳まで染めたとしても

30~40年だよね

 

美容室で染めるなら最小限の

ダメージで抑えることも出来る

だけど自分で染めてる場合

塗り分けや薬の強さも当然調節出来ない

だからやる度に傷んでいく

 

 

f:id:kei79:20201009172620j:plain

 

 

毛先に行くほど髪が傷み

痩せ細り頭皮も荒れ炎症してく

気づく頃には髪のボリュームや薄さ

頭皮のトラブルから薄毛に悩む

 

 

それが白髪染めのリスク

特に自分で染める場合のね!

 

 

でも明るさや色味などに

拘りが強いとカラー剤がやっぱり

しっかり綺麗に染まる

 

ただその分年々衰えていく頭皮の状態や

髪の毛に対する負担は否めない

 

 

 

僕はもともと肌が弱かったこともあり

たまにしみたりすることもあった

そこまで刺激があるわけじゃなかったけど

この先、染め続けていくことを考えると

やっぱり化学染料よりはヘナが良い

 

 

今は大丈夫でも何十年後になった時

カラー剤で染めて続けた髪と

ヘナで染め続けた髪は全く違う!

 

 

f:id:kei79:20201002105806j:plain

 

 

だって本物のヘナの場合

それは100%天然の植物だから

負担はまったくない!

 

 

 

ただヘナと言っても

そこは沢山種類があるので

注意は必要になってくる

 

 

f:id:kei79:20200901163002j:plain

 

 

むしろ本物のヘナの場合

染めれば染めるほど髪は綺麗になる

そこがカラー剤と違うとこだよね

 

 

カラー剤の場合は減点方式

つまりやる度に減点され減っていく

一方ヘナの場合はダメージを与えないので

そもそも減点されない

 

むしろ髪のコンディション良くしてくれるので

使うほどに髪の艶やハリコシが出てくれる

 

 

 

もちろん別にヘナが万能なわけじゃないから

デメリットだって当然あるし向き不向きもある

 

ただ髪や頭皮のことを考え

将来の自分の頭皮または髪のこと

意識するならヘナは

とっても優れたツールではある

 

 

 

どうせやるなら先のことも

考えてやらないと

10年後、20年後に

きっと後悔するかもしれないよ

 

 

 

 

 

 

 
 

ヘアケアの悩みやお手入れ方法

またヘアスタイルの事など

何でも気軽にご相談ください

 

ご予約もこちらから承っております

LINE登録お願いします

 

友だち追加

 

『K'S HAIR SALON』

メニュー👉料金案内

 

  

 

Address 

京都市中京区聚楽廻松下町6

じゅらくハイツ

 

ネット予約はこちら

 
K'S HAIR SALONは

⭐︎ヘアードネーション賛同店👉こちら

⭐︎DO-Sシャンプー正規取り扱い店

⭐︎ハナヘナ正規取り扱い店

⭐︎N.シャンプー正規取り扱い店

⭐︎CURE FORCE正規取り扱い店